むくみの仕組み

ntibiotics

むくみとは余分な水分で体が膨らんでいる状態なのですが、この余分な水分の正体は「間質液」と呼ばれるものです。
人間の体には動脈と静脈に代表される血管とリンパ管が張り巡らされています。心臓から送り出された血液は動脈を通って体の隅々にいきわたり、毛細血管を通って各細胞に届けられます。このとき、血管からしみだして各細胞まで栄養を届けるのが間質液です。イメージとしては血管と細胞のやり取りを行う中継器のようなものですね。
栄養を送り届けた間質液は、今度は静脈やリンパ管に入り、心臓まで戻ります。そのあとは老廃物と余分な水分を腎臓で尿に変えて排出してしまうのですが、何らかの原因で老廃物を持った間質液が静脈に戻れない場合にむくみが生じます。

むくみが生じる大きな原因のひとつは、重力と脚の筋肉にあります。間質液も水分なので、静脈に戻れなかったものは重力の影響で足に向かいます。さらに、ずっと立ち仕事などをしている場合は、足の筋肉がポンプの役割を果たさなくなります。筋肉が動かないということは、足にたまった血液を心臓に返すことができないので、どうしてもむくみが生じるのです。
他には、塩分のとりすぎで血管の外に出る間質液の量が多くなることでむくみが生じたり、運動不足によって血液を送るポンプが衰えることによってむくむことも考えられます。食生活や生活習慣を急に変えるのは難しいので、まずはつらいむくみを何とかするためにラシックスなどのフロセミド系利尿剤を使うことが効果的なのです。
ラシックスは尿の量を増やしてくれますので、体の外に水分を大量に排出します。その結果、静脈を流れる血液やリンパ管に余裕が生まれますので、むくみの原因になっていた余分な水分も静脈から排出できるのです。